商品企画やデザインは世を移す鏡。

明日から始まる感染症対策のプロダクトデザイン(物のデザイン)の展示会「NEW NORMAL, NEW STANDARD」ですが、新しい取り組みなので東京では新聞が、大阪ではテレビが取材に来てくださり、やはり注目されている...

続きを読む

模型で起こることは製品でも起こる。

左は消毒液スタンドの発案直後のプロダクトデザイン業界ではペーパーモデルと呼ばれる物。簡単に言えば模型。 右は工場で制作していただいたスチール(鉄)製の最終仕様に近いプロトタイプと呼ばれる試作品。 高さの差は置いといて、今...

続きを読む

消毒液スタンドをデザインしました。

とある夏の日にFACEBOOKで、以前知り合ったプロダクトデザイナーの土井智喜さんから、感染症対策のプロダクトデザインの展示会「NEW NORMAL NEW STANDARD」を東京でしようと思っていますが、いかがですか...

続きを読む

デザインの最初の扉を開く鍵。

まだ準備中ですが「はじめて」に取り組んでいます。今年serpentinataというボールペンを発売します。実はこのペンは自分には特別なものになりそうです。 独立して12年になりますが自社商品を手がけるのは実は初めてで、小...

続きを読む

自分を貫くとは、自由と挑戦と少しの苦痛でできている。

今年の年明けに友人たちと淡路島へ旅行に行きました。その時に安藤忠雄さんの建築である本福寺に行こうという話になり行きました。まだ新型コロナウィルスという話も出てない頃で、それは平和な旅でした。 御堂は地下(建物内)にあり、...

続きを読む

ものづくりの見落とし。

ここ数年デザインをしていて思うことがあります。 「ものづくりの見落とし」についてです。 私は工業デザインをしています。工業製品(主に大量生産品、時々中小量生産品)をデザインさせていただいていますが、時々障壁にぶつかります...

続きを読む

愚直に進めばiFデザイン賞に届いた。

この度ふたつのプロジェクトにおいて、ドイツのデザイン賞「iF DESIGN 賞」を受賞しました。 プロダクトデザインをしている方はだいたいの方がわかると思いますが、それ以外の方に少し説明すると、年に一度世界中の工業製品の...

続きを読む

はじめてのためのデザイン

2010年代がもうあと一週間ほどで終わります。先日プロダクトデザイナーの秋田道夫さんとそのような内容のトークショーを私の事務所で行いました。当日は私自身の話はあまりなかったと思うので少しだけここに書こうかと思います。 2...

続きを読む

積み重ねて描く輪郭。

何のために続けるか。 と常に問い続けることはクリエイティブなことはもとより、企業も工場も店舗も活動をする根底になければならない気がします。 イメージや印象というものは積み重なるものです。良いデザインを続けていけば、人はそ...

続きを読む

自由への帰巣

デザインの経験値展に出展していたプロトタイプが返却され、撮影しウェブサイトにアップしました。ぜひご覧ください。 http://kairi-eguchi.com/project/twist また今回の展示会を経て、また先日...

続きを読む

123