SATELLITEへふたたび⑧

4/14日 ミラノサローネ初日 いよいよ朝が来ました。僕らは三年ぶりにここに戻ってきました。地下鉄で意気揚々と会場へ。 赤線(M1)に乗り換えたらすでに人が多い。初日の勢いがあります。Fiera会場はメイン会場であり、ま...

続きを読む

SATELLITEへふたたび⑦

4/13日 搬入最終日 朝起きて顔を洗っていると鼻やらやけに黒いなーと思って、昨日搬入大変だったんだなー、今日終わらせないとな。とか思ってました。ほんとうはいらずらなのに。そして事実を明かされながらの朝食を頂く。昨日ほぼ...

続きを読む

SATELLITEへふたたび⑥

随分間があいてしまいました。サテリテに出展したものが反響良くアメリカ、イタリア、UK、アジア諸国のメディアに多く掲載され、その対応と次の出展に向けた動きをしていた事とあとツムテンカクというアートイベントにてはじめてディレ...

続きを読む

SATELLITEへふたたび⑤

4/11日 移動日 大阪>アムステルダム>ミラノ 朝が来ました。いよいよまたサローネに向けて出発。大阪はあいにくの天気。 日本から海外出展する時のもっとも大変な事。それは海外に向けて作品を持っていく事です。そういう面です...

続きを読む

SATELLITEへふたたび④

今回のテーマをおそらくサローネ初日あるいは前夜にUPしますがもう少し試作のお話を。 ミラノサローネには毎年行われる家具の展示の他、隔年で「エウロルーチェ(EURO LUCE)」という照明に焦点をあてた年と、「エウロクッチ...

続きを読む

SATELLITEへふたたび③

三年前のサテリテ、二年前のIFFT talents、昨年のTENT LONDONで多く学んだ事は作品そのものをいかに効果的に伝えるかの「魅せ方」です。 多くのブースが軒を連ねる展示会の場合、来場者はフラットな気持ちで作品...

続きを読む

SATELLITEへふたたび②

四月にサローネサテリテに出展するにあたり、展示する為のプロトタイプを鋭意製作中であります。 今回の展示で最初に決めた事があります。それは「どこにでもある素材でデザインする事」です。どこにもあまりない材料でデザインする事は...

続きを読む

SATELLITEへふたたび①

三年前。僕はかねてからの夢であったミラノサローネに作品を出展しました。 仕事も軌道に乗り、コンペで得た賞金もあったりで完全ではありませんが見通しが立ち始めていたので、2011年の元旦に「来年はサローネに出展しよう」と強く...

続きを読む

理由の可視化。

三栄水栓製作所60周年を記念したのチャリティ企画[60th with 60 design]に参加させて頂きデザインした[CONTOUR(等高線)]の紹介ページができていました。 空間デザイナーの森田恭通さんがデザインした...

続きを読む

デザインと暮らしの芽。

株式会社ユーイングと一緒に商品開発に一昨年の春に発売された水耕栽培器「GreenFarm」が日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)が主催する第16回JIDAデザインミュージアムセレクションに選定されました。 写真...

続きを読む

...23456